大阪の結婚式のニーズ

大阪と言えば人口が日本で三番目に多い都道府県であり、数多くの住宅地が立ち並ぶほか、数多くの企業、そして数多くの交通網で溢れている。余り静かなイメージはないが、ちょっと都市部から離れれば、喧騒から遠ざかった静かな街並みがあったりもする。

 そんな人口の多いかつ、沢山の人が訪れる大阪では、ホテルや結婚式場の数も多い。交通の利便性を重視して、アクセスしやすい場所に建てられていることがよくある。

 故に、結婚式はよく行われる。都市部の大きなホテルを使ったり、教会を使ったり。大阪=都市というイメージがあるかも知れないが、実は海辺の式場があったり、郊外の自然溢れた式場があったり。大阪も一応は広い。どれを選ぶかは人によって様々。だが、結婚式場としての需要は高い。

 となると、結婚式を行う新郎新婦、そして参列する人々は礼服が必要になってくる。特に花嫁はウェディングドレスを用意しなければならない。一生に一度の結婚式に、ウェディングドレスを着ないなんて先ずはありえない。

 しかし、ドレスも安価ではないので、殆どレンタルで着るパターンが多い。結婚式の需要があるということは、レンタルドレスの需要もあるということになる。実際、結婚式場や教会がレンタルドレスを用意している。勿論、新郎用のタキシードだってある。

 しかし、参列する参加者用のレンタルドレスというものはない。それは、様々な用途のレンタルドレスを取り扱っている店で借りるしかないのだ。